広報と協賛について


■営利目的の案内や広報のメーリング配信へのファンディング金の申し受けについて(2010年5月改定)

対象:営利団体による求人やイベントの案内(JBCメンバーの利益になると考えられるものに限る)

料金:初回の配信は、案内文250字まで50ドル、以降50字追加ごとに10ドルをJBCへの寄付金として申し受けます。案内文は最大で1000字程度でお願いいたします。2回目の配信は、オリジナル配信+リマインダーで一律50ドルの寄付金を再度申し受けます。配信は1件につき2回までとします。以下が、例です。

----------------------------------------------------------------
字数    初回料金  リマインダー  合計
----------------------------------------------------------------
250字         $50        $50     $100

300字         $60        $50     $110

500字        $100       $50        $150

1000字         $200          $50        $250
----------------------------------------------------------------

配信日:希望日指定可能。ただし料金受け取り確認次第とさせていただきますので、十分余裕を持ってご依頼下さい。担当者の都合により多少前後することもありますので、その旨ご了承下さい。

お支払い方法:Japan Bio Communityへドネーション用リンクよりクレジットカードでお支払となります。また、またはは銀行のWire transferがあります。

なお、個人ネットワークによる求人情報や、非営利団体からの依頼はいままでどおり無料としますので、適時ご利用下さい(JBCメ ンバーの利益になると考えられるものに限る)。


配信申し込み:配信申し込みは、以下のリンクより受け付けます。追って担当者がご連絡差し上げます。

Otoiawase



■協賛の申し受けについて(20194月より施行


JBCでは、団体の趣旨・活動内容に賛同の上、協賛いただける団体、個人等を募集しています。 

対象:JBCの活動を支援してくださる各種団体や個人。ただし、JBCの活動やメンバーに関係のない団体や個人からの協賛はお断りする場合がございます。

協賛金額:一口辺り半年150ドル又は年間300ドル

期間:毎年1月1日より6月31日までと、7月1日より12月31日まで、半年以上一年単位。期間途中から参加希望の場合は月単位で調整可能。(25ドル/月)

協賛特典:JBCのウェブサイトに団体名とリンクを貼らせていただきます。個人の支援者でお名前の公表をご希望でない場合はその限りではありません。年間のイベント参加費は代表者一人に限り無料。

お支払い方法:

下記のリンク先のフォームに必要事項をご記入いただきお申し込み下さい。

税法上の措置:
Japan Bio Communityは米国認可の非営利団体501(c)(6)すがチャリティーではございません。寄付金に関する税法上の扱いに関してはIRSの記載をご参考までにのせておきますが、個別のケースは税理士にご相談ください。

Tax treatment of donations - 501(c)(6) organizations